希望って何ですか 貧困の中の子ども

 子どもの貧困率 14.9%-。少子高齢社会の「希望」であるはずの子ども。その6人に1人が貧困の中で生きている。かつて「1億総中流」と言われ、その安心感に慣らされた私たちに、実感はあるか、目を背けてはいないだろうか。きっと目を凝らさないと見いだせない。私たちは子どもの姿を見つめ、考え続けたい。

「希望って何ですか」と。

第14回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞 「草の根民主主義部門」

貧困ジャーナリズム大賞2014

優秀賞

第19回新聞労連ジャーナリズム大賞

special第4章 見つける・つなぐ

prologue特集「希望って何ですか 貧困の中の子ども」について

 子どもの貧困率 14.9%-。少子高齢社会の「希望」であるはずの子ども。その6人に1人が貧困の中で生きている。かつて「1億総中流」と言われ、その安心感に慣らされた私たちに、実感はあるか、目を背けてはいないだろうか。きっと目を凝らさないと見いだせない。私たちは子どもの姿を見つめ、考え続けたい。

「希望って何ですか」と。

ページの先頭へ戻る