【いつ】8月10日
【どこで】那須塩原市鍋掛公民館(なすしおばらしなべかけこうみんかん)
【だれが】わくわくチャレンジ塾(じゅく)に参加(さんか)した同市鍋掛(なべかけ)小の3~6年生10人
【学んだこと】新聞のつくり、スクラップ作品作り
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】3年 松本紗帆(まつもとさほ)さん(8)「大好(だいす)きな花をテーマにした。記事を切(き)り抜(ぬ)くのが大変(たいへん)だったが、バランスを考えて貼(は)ったり感想を書くのは楽しかった。あんずちゃんを読むのが好(す)きなので、これからは新聞の他(ほか)の記事も読んでみようと思った」
 同公民館社会教育指導員(しどういん) 君島(きみじま)みゆきさん「新聞を取らない家庭も増(ふ)えている中、スクラップを通して少しでも新聞に親しんでもらおうと講座(こうざ)をお願(ねが)いした。個性豊(こせいゆた)かな作品が多く、普段(ふだん)新聞を読(よ)み慣(な)れていない子も夢中(むちゅう)になって記事を探(さが)していたので良(よ)かった。次は親子での教室を企画(きかく)したい」

 [写真説明]スクラップ作品作りに挑戦した児童たち