【いつ】12月14日
【どこで】小山(おやま)市大谷南(おおやみなみ)小(寺田洋思(てらだひろし)校長)
【だれが】5年生13人
【学んだこと】記事の書き方・読(よ)み比(くら)べなど
【講師(こうし)】政経(せいけい)部 吉田隆則(よしだたかのり)
【ひとこと】黒川珠玲(くろかわみれい)さん(11)「とても楽しい授業(じゅぎょう)で、2時間があっという間に感じた。今までテレビの方が良(よ)いと思っていたが、新聞にはより詳(くわ)しいことが書いてあるなど、新聞の良(よ)さが分かった」
 桜井貴大(さくらいたかひろ)先生(30)「児童(じどう)たちは新聞を読むことの面白(おもしろ)さに気付(きづ)けたのか、やる気に満(み)ちているようだった。作文とは異(こと)なる書き方を教わり、今後の指導(しどう)にも役立ちそうだ。文字離(ばな)れが進む中、本だけではなく新聞でも文章を読むことに関心(かんしん)を持ってもらいたい」

 [写真説明]受講する大谷南小の5年生たち