厚生労働省は4日、新型コロナウイルス感染拡大に関連する解雇や雇い止めは見込みを含めて10月30日時点で6万9130人だったと発表した。製造業、飲食業、小売業の順に多く、3業種の合計で全体の半数弱を占めた。前週より990人増加し、このうちアルバイトなど非正規労働者は310人だった。

 業種別では製造業が1万2979人で、飲食業1万445人、小売業9378人だった。宿泊業8614人、労働者派遣業4944人と続いた。都道府県別では東京都が1万6918人で最多。続いて大阪府6154人、愛知県3805人、神奈川3149人、北海道2502人だった。本県は890人。