■小山・寒川小

【いつ】2月16日

【どこで】小山市寒川(おやましさんがわ)小

【だれが】4年生8人

【学んだこと】記事(きじ)の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)、新聞の割(わ)り付けなど

【講師(こうし)】栃木支局長(とちぎしきょくちょう) 江戸美佐子(えどみさこ)

【ひとこと】池田真菜(いけだまな)さん(10)「今までは記事を読んでいて続(つづ)きが分からなくなることがあったけれど、記事の流(なが)れを教えてもらい、これから新聞を読むのがとても楽しみになった。記事の大きさを変(か)えることや見出しの付け方など、新聞を作るのに役立(やくだ)つことを楽しく学べた。今日(きょう)教えていただいたことを参考(さんこう)にして、読みやすいよう工夫(くふう)を凝(こ)らした新聞を作りたい」

大橋良平(おおはしりょうへい)先生(26)「みんな真面目(まじめ)に、前向(まえむ)きに取(と)り組(く)んでいた。一番伝(つた)えたい記事を大きく、目立つように作った方が魅力(みりょく)ある新聞になるということが最(もっと)も印象(いんしょう)に残(のこ)った。学習(がくしゅう)したことを生かして、子どもたちが次(つぎ)に作る新聞がとても楽しみだ」

[写真説明]記事の書き方などを学んだ寒川小の4年生たち