■宇都宮・豊郷中央小放課後子ども教室

【いつ】9月27日

【どこで】宇都宮市豊郷中央(うつのみやしとよさとちゅうおう)小

【だれが】放課後(ほうかご)子ども教室に参加(さんか)した4~6年生40人

【学んだこと】新聞のつくり、スクラップ作品(さくひん)作り

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)

【ひとこと】6年 深井真菜(ふかいまな)さん(11)「スクラップを通して、新聞を作る人の苦労(くろう)がよく分かった。テーマを決(き)めるのは大変(たいへん)だったが、友達(ともだち)と話しながら記事(きじ)を選(えら)ぶのは楽しかった。完成(かんせい)までいかなかったので、家で飾(かざ)り付(つ)けをして仕上(しあ)げたい」

同校放課後子ども教室コーディネーター 柳沢嘉子(やなぎさわよしこ)さん「今月の教室は新聞がテーマで、高学年には直接(ちょくせつ)新聞と向(む)き合(あ)ってもらおうとスクラップ作品作りをお願(ねが)いした。全員集中(ぜんいんしゅうちゅう)して、とても楽しそうに取(と)り組(く)んでいたのが印象的(いんしょうてき)だった。この教室をきっかけに、子どもたちが新聞に親しんでくれればと思う」

[写真説明]スクラップ作品作りを行った豊郷中央小の児童たち