■栃木・皆川城東小5年

【いつ】6月29日

【どこで】栃木市皆川城東(とちぎしみながわじょうとう)小

【だれが】5年生23人と保護者(ほごしゃ)

【学んだこと】新聞スクラップ作品(さくひん)作り

【講師(こうし)】栃木支局長(しきょくちょう) 江戸美佐子(えどみさこ)
【ひとこと】猪野菜々美(いのななみ)さん(11)「学校でも人気の藤井四段(ふじいよだん)と、動物(どうぶつ)で一番好(す)きなパンダの記事(きじ)を選(えら)んで作品を作った。見やすく分かりやすい作品にと工夫(くふう)したが、記事を貼(は)るバランスが難(むずか)しかった。お母(かあ)さんと一緒(いっしょ)にスクラップ作品が作れて楽しかった。家で一緒に完成(かんせい)させたい」

竹重詩史(たけしげしふみ)先生(22)「子どもたちが社会に関心(かんしん)を持(も)つきっかけの一つとして新聞塾(じゅく)を受講(じゅこう)した。スクラップに夢中(むちゅう)で取(と)り組(く)む姿(すがた)が印象的(いんしょうてき)だった。作品作りを通し親子のコミュニケーションを深(ふか)める良(よ)い機会(きかい)になったと思う。新聞に触(ふ)れ、言葉(ことば)で伝(つた)えることの大切さや考え方を学んでもらえれば」

[写真説明]新聞スクラップ作品作りを行った皆川城東小の5年生と保護者たち