■栃木第四小

【いつ】6月2日

【どこで】栃木市栃木第四小(とちぎしとちぎだいよんしょう)

【だれが】5年生26人

【学んだこと】記事(きじ)の書き方、読(よ)み比(くら)べなど

【講師(こうし)】栃木支局長(とちぎしきょくちょう) 江戸美佐子(えどみさこ)

【ひとこと】菊地柚貴君(きくちゆずきくん)(10)「新聞はおじいちゃんの家でよく一緒(いっしょ)に読んでいる。新聞の記事が立場や視点(してん)で変(か)わることを初(はじ)めて知って、面白(おもしろ)いなと感(かん)じた。文章(ぶんしょう)を書くのが好(す)きで、いい文章は伝(つた)えたいことを書くというのがとても参考(さんこう)になった」

桜井貴大(さくらいたかひろ)先生(24)「子どもたちはこれまであまり新聞を読んでいなかったようだが、実際(じっさい)の新聞を使(つか)った授業(じゅぎょう)だったので興味(きょうみ)を持(も)つことができたのではないか。5W1Hを意識(いしき)している子は少なかったので、いい勉強(べんきょう)になったと思う」

[写真説明]記事の書き方などを学んだ栃木第四小の5年生