■大田原・佐久山中

【いつ】5月24日

【どこで】大田原市佐久山(さくやま)中

【だれが】1、2年生31人

【学んだこと】見出しの付(つ)け方(かた)、取材(しゅざい)の方法(ほうほう)など

【講師(こうし)】大田原総局(そうきょく)長(ちょう) 樺沢修(かばさわおさむ)

【ひとこと】2年 遠山鉄平君(とおやまてっぺいくん)(13)「インタビューの方法(ほうほう)の練習(れんしゅう)では、友達(ともだち)に『昨日(きのう)の晩(ばん)ご飯(はん)』を聞き、楽しく活動(かつどう)できた。この経験(けいけん)を総合的(そうごうてき)な学習(がくしゅう)の中で生かしたい。新聞はたまに読むが、記事(きじ)や見出しを作る苦労(くろう)が分かったので、これからは一つ一つ大切に読むようにしたい」

小池美帆(こいけみほ)先生(28)「生徒(せいと)たちはこれまで取材をする経験があまりなかったが、正しい情報(じょうほう)を得(え)るためのポイントを教えていただき、今後の学習の参考(さんこう)になったと思う。皆(みんな)楽しそうに学んでいたので非常(ひじょう)に良(よ)かった」

[写真説明]インタビューの方法などを学んだ佐久山中の1、2年生