■真岡・山前中2年

【いつ】7月9日

【どこで】真岡(もおか)市山前(やまざき)中

【だれが】2年67人

【学んだこと】新聞の作り方、記事の書き方、割(わ)り付(つ)けの仕方など

【講師(こうし)】真岡総局長(もおかそうきょくちょう) 鈴木茂樹(すずきしげき)

【ひとこと】池田学人(いけだがくと)君(13)「5W1Hの言葉を組み合わせて見出しを考えるのは楽しかった。職場体験(しょくばたいけん)の新聞では、はしご車に乗ったことをトップ記事にし、見出しを『初体験(はつたいけん) はしご車乗車』にしようと考えている。習ったことを生かして新聞を完成(かんせい)させたい」

2年副担任(ふくたんにん) 鈴木大貴(すずきたいき)先生(22)「見出しや記事の作成(さくせい)から、自分で考え文章を作る力が育つ。生徒(せいと)たちには新聞を読んで語彙力(ごいりょく)も身(み)に付(つ)けてほしい。今後は新聞を教材(きょうざい)として利用(りよう)していきたい」

[写真説明]割り付けに挑戦する山前中生徒