■大田原・宇田川小5、6年

【いつ】7月7日

【どこで】大田原(おおたわら)市宇田川(うだがわ)小

【だれが】5、6年43人

【学んだこと】記事の書き方、新聞の読(よ)み比(くら)べなど

【講師(こうし)】教育支援部(しえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】6年 阿曽恵那(あそけいな)さん(11)「新聞は記事を書く人が変(か)われば、記事の中心になる内容(ないよう)が違(ちが)ってくることが分かった。テーマパークの記事について考える問題は、自分の地域(ちいき)の近くにできたらうれしくて行きたいが、自然(しぜん)は壊(こわ)したくないと思った」

5年担任(たんにん) 高田恵理子(たかだえりこ)先生(27)「同じ出来事でも記者の視点(してん)の違(ちが)いで記事が違(ちが)うこと、同じ記事でも読者の視点(してん)でいろいろな意見があることを学んだ。子どもたちには新聞を通して、読解力(どっかいりょく)を付(つ)けてほしい」

[写真説明]5W1Hを抜き出して記事を比べる宇田川小児童