■上三川・坂上小5年

【いつ】6月30日

【どこで】上三川(かみのかわ)町坂上(さかうえ)小

【だれが】5年16人

【学んだこと】記事の書き方、記事の読(よ)み比(くら)べ、投書の書き方など

【講師(こうし)】運動部記者 穴原功郎(あなはらいさお)

【ひとこと】上野睦弥(うえのむつや)君(11)「新聞記者は取材(しゅざい)に行って、いろいろな記事を書いていてすごいと思った。住んでいる地域(ちいき)にテーマパークができる記事を読んで、自然(しぜん)が壊(こわ)されて貴重(きちょう)な鳥がいなくなると思い反対の意見文を書いた。自分の意見をしっかり書くことができた」

5年担任(たんにん) 高田真美子(たかだまみこ)先生(51)「投書の練習では記事を身近なことと捉(とら)え、真剣(しんけん)に意見文を書いていたのが印象的(いんしょうてき)だった。新聞で世の中の出来事を知り、自分の意見を持ち、伝(つた)えられるようになってほしい」

[写真説明]桃太郎のお話の中から5W1Hを探す坂上小児童