■壬生・安塚小

【いつ】6月9日

【どこで】壬生(みぶ)町安塚(やすづか)小

【だれが】6年64人

【学んだこと】記事の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)、割(わ)り付(つ)けなど

【講師(こうし)】教育支援部(しえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】徳原楓(とくはらかえで)さん(11)「桃太郎(ももたろう)のリード文は、物語を思い出しながら文章を書くところが面白(おもしろ)かった。新聞記事を書くのは時間がかかって苦手だったが、教わったことを参考(さんこう)にすれば、今までより早く記事が書けそう。相手に伝(つた)えたいことを書けるようにしたい」

6年担任(たんにん) 関栄子(せきえいこ)先生「見出し付(づ)けでは、どんな言葉が的確(てきかく)か友人と考えながら楽しんで学んでいた。子どもたちには、相手のことを考えて言葉を選(えら)ぶなど、情報(じょうほう)の伝(つた)え方をきちんと身(み)に付(つ)けてほしい」

[写真説明]気になる新聞記事を見つける安塚小児童