■那須烏山・烏山中

【いつ】10日

【どこで】那須烏山(なすからすやま)市烏山中

【だれが】1年150人

【学んだこと】記事の書き方、見出しの付け方、割り付けなど

【講師】教育支援部 小林達彦

【ひとこと】深沢夢花(ふかざわゆめか)さん(12)「取材や割り付けなど新聞の仕組(しく)みを理解(りかい)することができた。新聞のつくりを知っているのと知らないのとでは新聞の読み方も大きく変わってくると思う。大人になった時には自分が子どもに新聞の読み方を教えたい」

1学年主任 石田尚基(いしだなおき)先生(50)「今後、地域(ちいき)の人から話を聞き新聞を作る際(さい)の参考(さんこう)になった。生徒には新聞を通して、情報の正しい取捨選択(しゅしゃせんたく)、発信の仕方を学んでほしい」

[写真説明]リード文を書く烏山中生徒