■栃木・小野寺北小

【いつ】12月1日

【どこで】栃木(とちぎ)市小野寺北(おのでらきた)小

【だれが】5年5人

【学んだこと】新聞ができるまで、記者の仕事、新聞スクラップ

【講師】教育支援部(きょういくしえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】川島夢叶(かわしまゆいか)さん(10)「わたしは文章(ぶんしょう)を書くのが苦手(にがて)なので、記事を書く新聞記者はすごいと思った。取材(しゅざい)をする時は、取材相手との人間関係(にんげんかんけい)が大切だということも分かった。見出しが、記事の大切な部分を抜き出しているということを知ったので、これからは気にして見ていきたい」

5年担任 樋下田守(ひげたまもる)先生「新聞記事の正確(せいかく)さ、中立性(ちゅうりつせい)が印象(いんしょう)に残った。大量(たいりょう)の情報(じょうほう)が飛(と)び交(か)う現在(げんざい)、子どもたち一人一人が、一つ一つの情報をよく考えるようになってほしい」

[写真説明]新聞スクラップをする記事を選ぶ小野寺北小児童