■栃木第五小 

【いつ】10月8日

【どこで】栃木第五(だいご)小

【だれが】5年97人

【学んだこと】新聞のつくり、新聞記者の仕事など

【講師】栃木支局記者(しきょくきしゃ) 石崎倫子(いしざきのりこ)

【ひとこと】山中颯大(やまなかそうた)君(11)「新聞記者が一日をどのように働(はたら)いているのかなど、新聞についていろいろなことが分かった。記者が一生懸命(いっしょうけんめい)いろいろな記事を集めてくれるので、これからも新聞をよく読んで、情報を手に入れるようにしたい」

5年担任 増渕雄也(ますぶちゆうや)先生(25)「本物の新聞記者の話だったので子どもたちは、真剣に聞いていた。教科書(きょうかしょ)とは違(ちが)う具体的(ぐたいてき)な仕事の話を聞き、子どもたちの疑問(ぎもん)も解決(かいけつ)でき、参考(さんこう)になった。世の中のことを知るためにも、新聞を身近(みぢか)なものと感じてほしい」

[写真説明]新聞を見ながら見出しについて学ぶ栃木第五小の児童