■大田原・紫塚小

【いつ】5月14日

【どこで】大田原(おおたわら)市紫塚(むらさきづか)小

【だれが】5年61人

【学んだこと】新聞(しんぶん)のつくり、見出しの付け方、スクラップなど

【講師】大田原総局記者(そうきょくきしゃ) 名村雄輔(なむらゆうすけ)

【ひとこと】5年近藤悠仁(こんどうはると)君(10)「新聞にはそれぞれの部分(ぶぶん)に題字(だいじ)やトップ記事(きじ)など、名前(なまえ)があることが分かり参考(さんこう)になった。スクラップは難(むずか)しいと思っていたが、実際(じっさい)やってみると簡単(かんたん)で、切り抜いたり、感想(かんそう)を書いたりするところが楽しかった」

5年担任 松本久実子(まつもとくみこ)先生「記事の書き方では5W1Hなど基礎(きそ)が学(まな)べた。みんな真剣(しんけん)に学んでおり、今後(こんご)取り組む各教科(かくきょうか)での新聞づくりが楽しみ。スクラップ新聞は、家庭学習(かていがくしゅう)でも子どもたちに実践(じっせん)してほしい」

[写真説明]新聞スクラップに取り組む児童たち