見出しを考える/矢板市片岡中

【いつ】9月19日

【どこで】矢板(やいた)市片岡(かたおか)中

【だれが】2年生68人

【学んだこと】新聞のつくり、見出しの付け方など

【講師(こうし)】「教育に新聞」支援室(しえんしつ)長 岩村由紀乃(いわむらゆきの)

【ひとこと】村上茜(むらかみあかね)さん(14)「見出しには記事のポイントが分かりやすく書かれていることが分かった。実際(じっさい)に割(わ)り付けをしてみて、大変(たいへん)な仕事だと思った。キャリアスタートウィークで体験(たいけん)したことを詳(くわ)しく新聞に書きたい」

関貴仁(せきたかひと)君(14)「見出しを考(かんが)える作業では、自分の考えたものが新聞に載(の)ったらと想像(そうぞう)して楽しく考えることができた。文字が多くて読(よ)みづらいと思っていたが、新聞ならではの面白(おもしろ)さを実感(じっかん)できた」

[写真説明]割り付けの練習をする矢板市片岡中2年生