見出しを考える/壬生東小

【いつ】7月2日

【どこで】壬生東(みぶひがし)小

【だれが】4年生59人

【学んだこと】新聞のつくり、記事の書き方、見出しの付け方など

【講師(こうし)】地域報道部(ちいきほうどうぶ)記者 中山卓也(なかやまたくや)、「教育に新聞」支援室長 岩村由紀乃(いわむらゆきの)

【ひとこと】薄井泰征(うすいたいせい)君(9)「見出し付けは難(むずか)しかったけど、今まで分からなかった題字(だいじ)など新聞のことが学べて楽しかった。これからもう少し新聞を読んでみようと思う」

 粂川太希(くめかわたいき)君(10)「一番伝えたい記事の見出しを一番大きくすることが分かった。1面の目次を見れば、どんな記事が載(の)っているか分かることも知った。これから新聞をよく読んでみようと思った」

 [写真説明]割り付けの練習をする壬生東小の4年生