要約のこつ学ぶ/栃木市大平南小

【いつ】5月24日

【どこで】栃木(とちぎ)市大平南(おおひらみなみ)小

【だれが】新聞掲示委員会(けいじいいんかい)の5、6年生12人

【学んだこと】見出しの付け方、記事の書き方について

【講師(こうし)】社会部記者 山崎一洋(やまざきかずひろ)

【ひとこと】5年大竹由季乃(おおたけゆきの)さん(10)「新聞を作るのに、いろいろな工夫がされていることが分かった。新聞には読(よ)めない漢字(かんじ)もあったりするけれど、子供にも分かりやすい文章を書くのは大変(たいへん)なことだと思った。エベレストの記事を低学年向けに作り直す作業が難(むずか)しかった」

 6年坂本祐莉奈(さかもとゆりな)さん(11)「新聞の段(だん)のことや、記事には必ずいつ・どこで・だれが・何をしたかが入っていることが分かった。エベレスト登頂(とうちょう)の記事を低学年に分かるように作り直す問題(もんだい)は、委員会の仕事に似ていたので悩(なや)まずにできた」

 [写真説明]記事について説明を聞く新聞掲示委員会のメンバー