▽▲▽▲━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日光市観光情報発信センターNews第23号

https://www.city.nikko.lg.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△▼△▼

 

こんにちは!

日光市観光情報発信センターです。どこよりも早い旬な日光についての情報をお届けする

「日光市観光情報発信センターNews」第23号をお届けします

今号は、「新緑の日光」をテーマに、この季節にぜひ訪れて欲しいスポットをご紹介するとともに

最新のイベント情報などをお届けします。

 

 

■■■■本日のもくじ■■■■

【新緑の日光~初夏に向けて見どころたくさん~】

1.奥日光~海外大使にも愛された日本最古の避暑地~

2.霧降高原~初夏にはキスゲが咲き誇る年間を通して楽しめるリゾート地~

3.奥鬼怒~高山植物の宝庫 標高2020mの”天空の湿原”にようやく春の訪れ~

 

【最新イベント情報】

1.日光の”輝きの季節”をアートで彩る!「キリフリ谷の藝術祭」開催

2.”日本一早い”新そばが食べられる「夏の新そばまつり」

3.夜の街中散策を美味しい食事とともにお得に楽しめます~鬼怒川Onsenタベルナ~

4.その他の新着情報

 

 

 

 

━━━━【新緑の日光~初夏に向けて見どころたくさん~】━━━━━

 

日光といえば紅葉のイメージが強いかと思いますが、

自然が豊かな日光では、年間を通して四季の移ろいを感じることができ、

これからの季節に見ごろを迎えるスポットもたくさんあります。

 

そんな日光をエリア別に、花の見ごろとともにご紹介します。

この新緑の季節に日光を訪れ、新たな日光の魅力を発見する旅をご案内ください。

 

 

 

★━┓
┃1┃ 奥日光~海外大使にも愛された日本最古の避暑地~

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

滝や湿原などの特徴的な地形による花々を見ることのできる奥日光

夏でも冷涼で日光市街が梅雨空でも奥日光は晴れていることがあるなど、秘境として知られています。

明治時代にはこの冷涼な気候が人気となり、外国人の保養地として別荘が建てられるなど賑わいをみせました。

2005年にはラムサール条約における野生の水鳥の生息地として特に国際的に重要な保護湿地として登録されました。

様々な花の観賞が楽しめる奥日光をエリア別にご紹介します。

 

※花の画像一覧を添付しておりますので、ぜひご参照ください。

 

✿クリンソウ

千手ヶ浜(6月上旬~中旬)

 

✿シロヤシオ

中禅寺湖(5月中旬~下旬)、湯元(5月下旬~6月上旬)

✿トウゴクミツバツツジ

中禅寺湖(5月中旬~6月上旬)、湯元(5月下旬~6月中旬)

 

✿アズマシャクナゲ

中禅寺湖(5月中旬~下旬)、湯元(5月中旬~下旬)、戦場ヶ原(5月中旬~下旬)

 

✿アヤメ

戦場ヶ原(6月中旬~7月上旬)、小田代原(6月中旬~7月上旬)

 

✿ノアザミ

湯元(7月上旬~8月上旬)、戦場ヶ原(7月上旬~8月上旬)、小田代原(7月上旬~8月上旬)

 

この他にも様々な花が咲き誇る奥日光。

さらに詳しい見ごろは【こちら】から

 

  

 

★━┓
┃2┃霧降高原~初夏にはキスゲが咲き誇る年間を通して楽しめるリゾート地~

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

霧降高原は赤薙山(あかなぎさん)斜面に広がる標高約1200mの高原地帯で、

四季を通じて自然を楽しむ環境に恵まれた一帯です。

春には色とりどりのツツジが咲き、ニッコウキスゲが初夏の高原を覆い、

秋の紅葉は筆舌に尽くしがたい美しさで圧倒され、冬はスキーに興じるなどレジャー、観光共に充実しています。

また、レストランや宿泊施設、カップルやファミリーで楽しめるレジャー施設も豊富です。

 

✿ニッコウキスゲ(6月下旬~7月中旬)

 

約26万株のニッコウキスゲが群生しており、一面黄色に彩られます。

群生地のキスゲ平にはハイキングコースが整備されていますので

気軽に散策を楽しむことができます。

 

アクセス

①鉄道&バス

JR日光駅または東武日光駅よりから

東武バス「霧降高原」行か「大笹牧場」行に乗り

「霧降高原」下車。(約26分)

 

②お車

日光宇都宮道路「日光IC」から霧降大橋を渡り

青柳日光線(県道169号)へ。(約30分)

 

 

 

★━┓
┃3┃奥鬼怒~高山植物の宝庫 標高2020mの”天空の湿原”にようやく春の訪れ~

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まるで絵葉書のような景色が広がる奥鬼怒の湿原地帯「鬼怒沼湿原」。

チングルマやヒメシャクナゲなどの豊富な高山植物を、約2時間30分のハイキングコースで堪能できます。

 

 

✿7月上旬~7月中旬

 

・タテヤマリンドウ

・チングルマ

・ワタスゲ

・ヒメシャクナゲ

 

奥鬼怒温泉に一泊するハイキングコースがおすすめです。

ツアーも組まれております。詳しくは【こちら

 

 

 

 

━━━━【最新イベント情報】━━━━━

 

★━┓
┃1┃日光の「輝きの季節」をアートで彩る!「キリフリ谷の藝術祭」開催

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地域を問わずに活動しているアーティストが日光・霧降に集まり芸術祭を開催します。

期間中は写真やステンドグラス、革小物などの作品展示をはじめ

コンサート、ワークショップなど様々なイベントが開催されます。

また、協力いただける飲食店では食の藝術祭と題して期間中特別メニューの提供が行われるなど

キリフリ一体が藝術で盛り上がる民間主導のイベントとなっています。

 

「キリフリ谷の藝術祭」

◆期間:2017年6月1日~30日

◆場所:霧降高原周辺、世界遺産周辺

 

◎イベント一例

「森の絵本展」@ペンション トロールの森・フィチホール

お子様にも大人にもお勧めの厳選された絵本の数々を展示。

森百貨店BOOK FORESTさんの歌読みきかせと絵本販売・ワークショップなど盛りだくさんです。

 

「ネーデルランドのリュート音楽」@小杉放菴記念日光美術館

16~17世紀を中心にヨーロッパの多くの国で愛用され「楽器の王(女王)」とさえ呼ばれるほど人気のあった

現代のギターに良く似た楽器「リュート」によるコンサートです。

 

「ミュージックシャワー・ヨガ」@幾何楽堂

劇団四季や宝塚出身俳優の生の歌声を浴びながら、

心と身体をゆっくりストレッチしていく、癒しのヨガプログラムです。

 

詳しくは【こちら

 

 

 

★━┓
┃2┃”日本一早い”新そばが食べられる「夏の新そばまつり」

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

初夏の恒例イベント「日光夏の新そばまつり」が今年も開催されます。

秋のそばよりも清涼感のある夏そばが数量限定で食べられます。

一足先に今年のそばを味わえるこのチャンスにぜひ日光をご案内ください。

 

「日光夏の新そばまつり」

◆期間:2017年6月24日(土)~25日(日)

◆時間:10:00~15:00(予定)

◆会場:日光だいや川公園

〒321-1263栃木県日光市瀬川844

 

詳しくは【こちら

 

 

 

 

★━┓
┃3┃夜の街中散策を美味しい食事とともにお得に楽しめます~鬼怒川Onsenタベルナ~

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鬼怒川・川治エリアの初バル企画!

鬼怒川・川治温泉内で夜に営業する参加飲食店で、「ワンドリンク+おつまみ1品」の特別メニューを

500円、1,000円、1,500円のセット価格で提供中。

300円のリストバンドをお買い求めいただくと、上記のお得な価格でご飲食が楽しめます。

リストバンドは、期間中、鬼怒川・川治温泉観光情報センター、協力宿泊施設、参加店舗でご購入いただけます。

 

「鬼怒川Onsenタベルナ」

◆期間:開催中~6月30日(金)

◆参加店舗:鬼怒川温泉 21店舗、川治温泉 8店舗

 

 

 

★━┓
┃4┃その他日光の新着情報

┗━┻━━━━━━━━━━━

日光地区料金アラカルト表更新について

 

世界遺産「日光の社寺」観光のために臨時駐車場を開設します

 

 

 

▽▲▽▲━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行 日光市観光情報発信センター

住所 東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル8階(下野新聞社 東京支社内)

TEL 03-5510-5221

FAX 03-5510-5223

E-mail nikko@tobutoptours.co.jp

 

ご意見、ご感想、メルマガ配信解除はmailto:nikko@tobutoptours.co.jpまでお願いいたします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△▼△▼