【いつ】9月4日
【どこで】栃木市岩舟(とちぎしいわふね)中(松本和彦(まつもとかずひこ)校長)
【だれが】1年生115人
【学んだこと】記事の書き方、取材(しゅざい)の仕方など
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】神山愛菜(かみやままな)さん(13)「インタビューは難(むずか)しくて、記者の方の苦労(くろう)が良(よ)く分かった。何を聴(き)くべきかを教わってからは上手(じょうず)に取材(しゅざい)できた。記事や見出しの大きさで重要性(じゅうようせい)を伝(つた)えることは、今後の新聞作りで生かせそうだ。これから気になったニュースがあったら翌日(よくじつ)の新聞を読み、深く詳(くわ)しく学びたいと思う」
葭葉瑞恵(よしばみずえ)先生「記事は重要(じゅうよう)なことから逆(ぎゃく)三角形に書くことが最(もっと)も印象(いんしょう)に残(のこ)った。家で新聞を取っている生徒(せいと)が減(へ)っている中、新聞に興味(きょうみ)を持ってもらうとともに、さまざまな行事を新聞形式でまとめるのに役立てようと受講(じゅこう)した。最初(さいしょ)は簡単(かんたん)なレイアウトでいいが、徐々(じょじょ)に複雑(ふくざつ)な割(わ)り付(つ)けができるよう指導(しどう)していきたい」

[写真説明]取材の仕方などを学んだ岩舟中の1年生たち