【いつ】8月21日
【どこで】宇都宮市東図書館
【だれが】同市内の小学生親子11組25人
【学んだこと】新聞のつくり、スクラップ作品作り
【講師(こうし)】宇都宮総局(そうきょく) 小池竜太(こいけりゅうた)
【ひとこと】豊郷(とよさと)北小3年・臼井努(うすいつとむ)君(8)「高校野球が好(す)きで、作新学院の記事を集めた。作品を作っているうちに夢(ゆめ)が広がって、高校生になったら野球をいっぱい練習し、僕(ぼく)も甲子園(こうしえん)に出て優勝(ゆうしょう)したいと思った。一つひとつの記事にコメントを付(つ)ける色紙の色遣(いろづか)いを工夫(くふう)した」
同図書館主任(しゅにん)・斉藤政信(さいとうまさのぶ)さん(48)「子どもたちの豊(ゆた)かな感受性(かんじゅせい)が作品に表れていた。なかなか親子で熱中(ねっちゅう)できることがない時代だが、親も一生懸命(いっしょうけんめい)にお子さんに向き合っていて、いい触(ふ)れ合(あ)いの時間になったと思う。教室を通して新聞や活字に親しみ、今後図書館もどんどん利用(りよう)してもらいたい」

[写真説明]スクラップ作品作りを行った親子