【佐野】県足利労政事務所などは28日、市役所で佐野・足利合同就職面接会を開いた。

 営業や事務、経理など多様な職種を募集する両市内の企業12社が参加。大学卒業予定者を含む求職者や転職希望者が各企業の担当者と面接した。面接では企業側が事業内容の説明を行ったほか、求職者側が疑問点を質問するなどした。

 転職活動中で、今回面接を受けたという栃木市の会社員男性(36)は「書類審査を経ず、面接で人柄を見てもらえる。質問もできて、疑問も解消できた」と振り返った。

 同事務所の田口裕之(たぐちひろゆき)所長(58)は「求職者と人材不足に悩む企業をつなぐ機会を提供する狙いで行っている。一つでも雇用が生まれればいいと思う」と話した。