非営利民間団体のとちぎ協働デザインリーグ(宇都宮市昭和2丁目)は3日までに、県内企業を紹介する学生向け無料情報誌「はたらくマガジン」を冊子化した「はたらくマガジン+(プラス) 栃木で働きたくなる50社」(随想社)を出版した。

 県の「とちぎの企業」魅力発信事業を受託し、2013年12月から7回発行した情報誌で取り上げた企業など50社の情報をまとめた。

 冊子では「風通しの良さ」や「創意工夫」、「社会貢献活動の実践」など10の項目を立て、それぞれにふさわしい企業を分類。企業紹介を加筆したほか、社長や新入社員らのインタビューや未掲載写真も載せた。

 担当者は「就職活動中の学生だけでなく、県外の大学などに進学する高校生に県内に魅力的な企業があることを知ってもらい、将来戻ってくる呼び水になれば」と話している。

 A5判127ページで、2千部印刷。とちぎボランティアNPOセンター「ぽぽら」(宇都宮市昭和2丁目)や県内の大学などで無料配布している。問い合わせは同リーグ、電話028・623・3455。