【いつ】7月19日
【どこで】大田原市黒羽中
【だれが】2年生70人
【学んだこと】記事の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)、取材(しゅざい)の仕方など
【講師(こうし)】大田原総局(そうきょく) 小口華奈子(こぐちかなこ)
【ひとこと】益子(ましこ)みなみさん(13)「模擬(もぎ)インタビューでは、想定外の回答に臨機応変(りんきおうへん)に対応(たいおう)するのが難(むずか)しかった。職業体験(しょくぎょうたいけん)ではパン屋での体験(たいけん)を希望(きぼう)しているので、実際(じっさい)に行ったら一日のスケジュールや接客(せっきゃく)の心得(こころえ)などを取材(しゅざい)してみたい。今日(きょう)の授業(じゅぎょう)を職場体験後(しょくばたいけんご)の新聞作りに生かしたい」
 学年主任(しゅにん) 大田原崇泰(おおたわらたかひろ)先生(47)「体験(たいけん)を新聞にまとめる力を身(み)に付(つ)けようと受講(じゅこう)した。生徒(せいと)の考えた見出しはどれも考(かんが)え抜(ぬ)かれたもので、新たな能力(のうりょく)の発見だった。取材(しゅざい)の仕方から割(わ)り付(つ)けまで学べたので、生徒(せいと)たちのわくわくチャレンジのまとめが楽しみだ。新聞に触(ふ)れる機会(きかい)が少ないので、新聞を読み、情報(じょうほう)を得(え)て生活に役立ててほしい」

 [写真説明]取材の仕方などを学んだ黒羽中の2年生たち