【いつ】6月29日
【どこで】宇都宮(うつのみや)市姿川中央(すがたがわちゅうおう)小(手塚洋(てづかひろし)校長)
【だれが】5年生45人
【学んだこと】見出しの付(つ)け方(かた)、読(よ)み比(くら)べなど
【講師(こうし)】くらし文化部 飯田ちはる(いいだちはる)
【ひとこと】南雲彩葉(なんぐもいろは)さん(10)「桃太郎(ももたろう)の見出し作りでは、みんなに読みたいと思ってもらえるように工夫(くふう)した。記事の読(よ)み比(くら)べは、文章を読み取るのが難(むずか)しかったが、主役が変(か)わると記事の内容(ないよう)も変(か)わることがわかった」
 堀井裕希(ほりいゆうき)先生(28)「今回の授業(じゅぎょう)で記事の中心は何か、伝(つた)えたいことは何か、気を付(つ)けながら読むことを学べた。今後の作文指導(しどう)にも生(い)かせそうだ。情報(じょうほう)ツールはデジタル化が進むが、児童(じどう)には新聞も活用してほしい」

 [写真説明]受講する姿川中央小の5年生たち