【いつ】6月4日
【どこで】野木(のぎ)町友沼(ともぬま)小(神原千里(かんばらちさと)校長)
【だれが】4年30人
【学んだこと】新聞のつくり・見出しの付(つ)け方(かた)など
【講師(こうし)】小山総局(そうきょく) 佐藤駿(さとうしゅん)
【ひとこと】上原百桃(うえはらもも)さん(10)「新聞にはいろいろな事件(じけん)や出来事が詳(くわ)しく載(の)っていることや、分かりやすく伝(つた)えるための工夫(くふう)がたくさん詰(つ)まっていることが分かった。これからの生活や学校での活動に生かしたい」
 佐藤愛(さとうあい)先生「新聞が身近なものではない子どもが多いが、記者の話を直接(ちょくせつ)聞いたり質問(しつもん)したりして、楽しく学べた。以前(いぜん)新聞づくりをした時に難(むずか)しいと感じた、見出しの付(つ)け方(かた)や記事の書き方を教えてもらえて参考(さんこう)になった」

 [写真説明]受講する友沼小の4年生たち