■大田原・石上小3、4年

【いつ】12月12日

【どこで】大田原市石上(おおたわらしいしがみ)小

【だれが】3、4年生22人

【学んだこと】新聞のつくり、新聞の割(わ)り付(つ)け、おもしろ漢字辞典(かんじじてん)作りなど

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)

【ひとこと】4年 藤田陽菜乃(ふじたひなの)さん(9)「辞典作りでは習(なら)ったことのある漢字を探(さが)し、楽しく作業(さぎょう)することができた。新聞を読むと漢字の勉強(べんきょう)にもなると思った。新聞のことをいろいろと学べて、これまで以上(いじょう)に新聞に興味(きょうみ)が湧(わ)いたので、たくさん新聞を読んでたくさん新聞を作り、もっと詳(くわ)しく勉強したい」

3年担任(たんにん) 豊田智美(とよださとみ)先生「5W1Hの重要性(じゅうようせい)やレイアウトの工夫(くふう)などは、今後の新聞作りに生かせる内容(ないよう)だった。辞典に使(つか)う漢字を探す際(さい)には、漢字に苦手意識(にがていしき)を持(も)つ子(ご)が多いのに、みんな生き生きと、集中(しゅうちゅう)して取(と)り組(く)んでいたのが印象的(いんしょうてき)だった。これからの授業(じゅぎょう)の中に新聞を活用していきたい」

[写真説明]おもしろ漢字辞典作りなどを学んだ石上小の3、4年生たち