■宇都宮・陽光小

【いつ】1日

【どこで】宇都宮市陽光(うつのみやしようこう)小

【だれが】5年生49人

【学んだこと】新聞ができるまで、記者(きしゃ)の仕事(しごと)、取材(しゅざい)の仕方(しかた)など

【講師(こうし)】政経部(せいけいぶ) 田面木千香(たものきちか)

【ひとこと】渡辺築君(わたなべきずきくん)(11)「記者の仕事は、取材した内容(ないよう)を翌日(よくじつ)の新聞に載(の)せなくてはいけないので大変(たいへん)だと思った。もし自分が記者だったら、科学関連(かんれん)の取材をして専門家(せんもんか)に話を聞いてみたい。取材の体験(たいけん)をして、限(かぎ)られた時間内にすべてを聞くことはとても難(むずか)しかったが、次(つぎ)に新聞を作るときに生かせそう」

菊地良美(きくちよしみ)先生「新聞記者という職業(しょくぎょう)について、直接(ちょくせつ)記者から仕事の内容(ないよう)を聞こうと受講(じゅこう)した。実際(じっさい)の取材体験(たいけん)を通して、アドバイスひとつで児童(じどう)たちの取材をする姿勢(しせい)に大きな変化(へんか)が表(あらわ)れたことに驚(おどろ)いた。どんな風に相手(あいて)に聞いたら知りたい情報(じょうほう)が得(え)られるかを学べたと思う」