【大田原】バブル崩壊の影響で就職難だった「就職氷河期世代」を対象にした無料セミナー「正社員で働きたい人のための就職活動サポート講座」が3月5日、中央1丁目の県那須庁舎で開かれる。県が県内3カ所で実施する講座の一環で、県北開催は初めて。

 30代半ばから40代半ばの「就職氷河期世代」は、非正規雇用の増加に伴い低所得で不安定な生活を送る人が多い。政府は約100万人を対象に、正規雇用者30万人増を目指す就労支援の基本方針を掲げている。

 セミナーは正社員就業を望む35歳以上の人が対象。企業研修などを手掛ける「ワークエントリー」の野崎千晶(のざきちあき)さんを講師に、非正規での経験を「強み」に変える方法や、社会人として必要なスキルの確認、就職活動のポイントなどを学ぶ。受講が雇用保険受給中の就職活動の実績にもなる。

 午前10時半~正午。先着15人。午後1時から「とちぎジョブモール・とちぎ生涯現役シニア応援センター」の無料巡回相談会も開く。電話で申し込む。(問)県大田原労政事務所0287・22・4158。