■宇都宮・陽東小6年

【いつ】6月1日

【どこで】宇都宮市陽東(うつのみやしようとう)小

【だれが】6年生101人

【学んだこと】記事(きじ)の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)、新聞スクラップなど

【講師(こうし)】運動部(うんどうぶ) 生沢一浩(いけざわかずひろ)
【ひとこと】合田奈央(ごうだなお)さん(11)「桃太郎(ももたろう)の記事作りでは、視点(してん)が変(か)わると同じ出来事(できごと)でも書かれる内容(ないよう)が異(こと)なることに驚(おどろ)いた。今まで視点を変えることを考えたことがなかったので、とても面白(おもしろ)く感(かん)じた。スクラップを通して新聞を身近(みぢか)に感じることができたので、これからたくさん記事を読みたい」

五十嵐太一(いがらしたいち)先生(30)「児童(じどう)たちが予想以上(よそういじょう)に新聞に興味(きょうみ)を示(しめ)していたのが新鮮(しんせん)だった。選(えら)んだ記事によって児童たちの視点や興味関心(かんしん)のあることを知ることができた。今回の授業(じゅぎょう)でNIEを授業に取(と)り入(い)れる可能性(かのうせい)を確認(かくにん)することができ、新聞を教育(きょういく)ツールとして活用する意義(いぎ)があると改(あらた)めて思った」

[写真説明]記事の書き方などを学んだ陽東小の6年生たち