■宇都宮・田原小

【いつ】8月9日

【どこで】宇都宮市田原(うつのみやしたわら)小

【だれが】1~6年生児童(じどう)と保護者(ほごしゃ)5組12人

【学んだこと】新聞のつくり、新聞スクラップ作品(さくひん)づくりなど

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)

【ひとこと】2年 中里健太郎君(なかざとけんたろうくん)(8)「リオデジャネイロ五輪(ごりん)をテーマに、自分がやっている水泳(すいえい)と好(す)きなサッカーの記事(きじ)を集(あつ)めた。記事を選(えら)ぶのに少し時間が掛(か)かり、切(き)り取(と)るのが少し難しかったけど、スクラップはすごく楽しかったのでまた挑戦(ちょうせん)したい。これを機(き)に、少しずつ新聞を読むようにしたい」

同小PTA研修委員長(けんしゅういいんちょう) 阿久津光枝(あくつみつえ)さん「低学年(ていがくねん)の子には少し難(むずか)しいのではないかと思っていたが、みんな夢中(むちゅう)になって楽しそうに取(と)り組(く)んでいたので良(よ)かった。読む力や考える力がつくと聞いたので、夏休みに記事を集め、家庭(かてい)でもスクラップを継続(けいぞく)させたい」

[写真説明]新聞スクラップ作品づくりなどを行った、田原小児童と保護者