■栃木・合戦場小

【いつ】8月27日

【どこで】栃木(とちぎ)市合戦場(かっせんば)小

【だれが】5年64人

【学んだこと】新聞社の仕事、新聞の読み方、見出しの付(つ)け方(かた)など

【講師(こうし)】整理部記者 中曽根宏道(なかそねひろみち)

【ひとこと】小森稀乃香(こもりののか)さん(11)「普段(ふだん)読まない記事があることに気(き)が付(つ)いたので、これからいろいろな記事を読むようにしたい。見出し付(づ)けは、内容(ないよう)にぴったりの言葉を選(えら)ぶのが難(むずか)しかった。自分の伝(つた)えたいことを相手に分かりやすく伝(つた)えられる新聞を作りたい」

5年担任(たんにん) 平塚優子(ひらつかゆうこ)先生「子どもたちは、より本物に近い見出しを付(つ)けようと意欲的(いよくてき)に取り組んだ。今後は興味(きょうみ)のない分野にも目を向け、記事を読むようになってほしい」

[写真説明]指で文字数を数えながら見出し付けに取り組む合戦場小児童