■宇都宮・五代小

【いつ】6月25日

【どこで】宇都宮(うつのみや)市五代(ごだい)小

【だれが】3年121人

【学んだこと】新聞のつくり、記事の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)など

【講師(こうし)】教育支援部(しえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】青山つばさ(あおやまつばさ)さん(8)「新聞社の人は夜も働(はたら)いていて大変(たいへん)そうだと思った。スクラップはみんなで1枚(まい)の紙に記事を貼(は)ったり絵を描(か)いたりして楽しかった。読めない漢字や分からない言葉もあったので、もっと勉強してスラスラ新聞を読みたいと思った」

3年担任(たんにん) 江口育美(えぐちいくみ)先生「見出しやリードなど新聞のつくりが分かり、その良(よ)さが伝(つた)わった。子どもたちには、新聞を通して活字に親しみ考えるなど、人間形成(けいせい)の糧(かて)にしてほしい」

[写真説明]新聞記事をスクラップする五代小児童