■那須塩原・黒磯北中

【いつ】9月24日

【どこで】那須塩原市黒磯北(くろいそきた)中

【だれが】1年111人

【学んだこと】新聞のつくり、記事の書き方、割り付けの仕方など

【講師】教育支援部 小林達彦

【ひとこと】長谷川颯汰(はせがわそうた)君(13)「桃太郎(ももたろう)の新聞記事作りがとても印象に残った。記者の書く桃太郎の記事は自分たちで考えたものとは大きく違(ちが)い、プロの仕事を学ぶことができた。見出しや割り付けなど新聞作りの楽しさを知ることができて良かった」

1年担任 鈴木万里子(すずきまりこ)先生(45)「見出しの付け方、リードの書き方など専門的(せんもんてき)な立場(たちば)から伝授(でんじゅ)され、教師(きょうし)も勉強(べんきょう)になった。生徒たちには、自分の考えをまとめて文章で伝える能力(のうりょく)を養(やしな)ってほしい」

[写真説明]割り付けをする黒磯北中生徒