■大田原・佐久山小3年

【いつ】7月3日

【どこで】大田原(おおたわら)市佐久山(さくやま)小

【だれが】3年11人

【学んだこと】新聞のつくり、見出しの付け方など

【講師】教育支援部 小林達彦

【ひとこと】松本音和(まつもとおとわ)さん(8)「新聞は上から下へギザギザに読んでいく順番(じゅんばん)が分かった。見出しの付け方も分かったので参考(さんこう)にしたい。御殿山(ごてんやま)での出来事(できごと)の新聞を作ったことがあるが、これからもっといい新聞が作れそう」

3年担任 枝真奈美(えだまなみ)先生(24)「見出しの付け方や大きさの違(ちが)い、新聞記事の文章の形など、子どもたちが知らないことを分かりやすく学べた。授業(じゅぎょう)を受け子どもたちには、伝えたいことをきちんと文章で表現(ひょうげん)できるようになってほしい」

[写真説明]新聞記事を題材に記事の見出しを考える佐久山小の児童