■宇都宮・宇短付中2年

【いつ】6月19日

【どこで】宇都宮短大付属(うつのみやたんだいふぞく)中

【だれが】2年68人

【学んだこと】インタビューの仕方、記事の書き方、割(わ)り付(つ)けなど

【講師】運動部記者(うんどうぶきしゃ) 桜井誠(さくらいまこと)

【ひとこと】半田智祥(はんだちさき)さん(13)「楽(たの)しかった。割り付けや見出し付けなど簡単(かんたん)そうに見えたが、随分悩(ずいぶんなや)んだ。新聞と同じ見出しを付けられた時はうれしかった。人に伝えるための新聞社の努力(どりょく)を知(し)り、もっときちんと新聞を読もうと思った」

2年担任 上田香菜(うえだかな)先生(27)「記者になりたい生徒(せいと)に限(かぎ)らず、みんなが興味深(きょうみぶか)く話を聞いていた。割り付け作業(さぎょう)など楽しみながら新聞を学べて良かった。新聞講座(こうざ)をきっかけに生徒たちには、文章(ぶんしょう)を書くことを楽しめるようになってほしい」

[写真説明]割り付け作業をする宇短大付属中2年生