■那須烏山・荒川小

【いつ】6月10日

【どこで】那須烏山(なすからすやま)市荒川(あらかわ)小

【だれが】4年47人

【学んだこと】新聞の役割(やくわり)、新聞のつくり、割(わ)り付(つ)けなど

【講師】教育支援部(きょういくしえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】堤日和(つつみひより)さん(9)「新聞1面(めん)の見出(みだ)しやリード文を囲(かこ)む作業(さぎょう)は初(はじ)めての体験(たいけん)だったが、記事(きじ)の読(よ)み方(かた)も分かったので楽(たの)しくできた。設計図(せっけいず)を作るのは難(むずか)しかったが、自分(じぶん)でも新聞が作れたので良かった」

4年担任 藤田友美(ふじたともみ)先生「子どもたちは新聞づくりの作業を通(とお)して、新聞に興味(きょうみ)を持(も)ったようだ。初めての作業に戸惑(とまど)った児童(じどう)もいたが、自分なりに考(かんが)えながらやり遂(と)げていて良かった。今日(きょう)の学習(がくしゅう)を、今後(こんご)の新聞作りに役立(やくだ)ててほしい」

[写真説明]新聞をめくりながら学ぶ荒川小4年生