記事書き方学ぶ/矢板市泉小4年生

【いつ】12月19日

【どこで】矢板(やいた)市泉(いずみ)小

【だれが】4年生22人

【学んだこと】新聞の特徴(とくちょう)、記事の書き方、見出しの付け方など

【講師(こうし)】政経(せいけい)部記者 伊沢真一(いざわしんいち)、「教育に新聞」支援室(しえんしつ)長 岩村由紀乃(いわむらゆきの)

【ひとこと】佐々木(ささき)このみさん(10)「新聞作りは簡単(かんたん)だと思っていたが、見出しを考えたり、段(だん)の線(せん)を引いたりするのが難(むずか)しかった。でも、とても楽しかった。習(なら)った作り方をこれからの新聞作りに役立てたい」

舩山維乃(ふなやまゆきの)さん(9)「重要(じゅうよう)なことは先に書くなど、記事を作る順番(じゅんばん)があることが分かった。また8~10文字で見出しを付けるのは、とても大変(たいへん)なことだと思った。今日習ったことを生かせば、うまく新聞作りができそう」

[写真説明]新聞の特徴について学ぶ矢板市泉小4年生