記事の要素把握/大田原市佐久山小5、6年

【いつ】9月9日

【どこで】大田原(おおたわら)市佐久山(さくやま)小

【だれが】5年生13人、6年生15人

【学んだこと】記事の書き方、割(わ)り付けの仕方(しかた)など

【講師(こうし)】「教育に新聞」支援室(しえんしつ)長 岩村由紀乃(いわむらゆきの)

【ひとこと】5年生前田愛花(まえだあいか)さん(11)「新聞記事にはいつ、どこで、誰(だれ)が、何をどうしたかなどが書かれていることが分かった。普段(ふだん)は新聞を読(よ)むだけだが、実際(じっさい)に見出し付けや割(わ)り付けを体験(たいけん)してとても勉強になった」

6年生野中麻衣(のなかまい)さん(12)「一つの新聞を記者が協力(きょうりょく)して作っていることが分かった。自分で記事を書くことや、見出しを一つ作るのも大変(たいへん)な仕事だと思った。これからも新聞を読んでいきたい」

[写真説明]見出しを考える大田原市佐久山小5、6年生