【いつ】12月13日
【どこで】宇都宮市豊郷(うつのみやしとよさと)中
【だれが】1年生190人
【学んだこと】記事の書き方、取材(しゅざい)の仕方など
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】田中島逢菜(たなかじまあいな)さん(13)「新体操(しんたいそう)をやっていて、参考(さんこう)になる競技(きょうぎ)の記事をよく読んでいる。新聞にはすごい量(りょう)の情報(じょうほう)が詰(つ)まっていることや、見出しとリードで記事の概要(がいよう)が分かるということを知ったので、いろいろな記事を読むようにしたい。インタビューの練習は、何を聞けばいいかが分かった2回目で、いい取材(しゅざい)ができた」
学校司書(がっこうししょ) 中川紀美子(なかがわきみこ)先生(57)「新聞社の方の生の声を聴(き)いて、生徒(せいと)たちは新聞をより身近に感じられた。今後、新聞を読む視点(してん)も変(か)わってくるのではないかと思う。冬休みに家族の仕事について聴(き)く課題(かだい)があるが、教えていただいたことを生かして、内容(ないよう)の濃(こ)いインタビューができそうだ」

[写真説明]取材の仕方などを学んだ豊郷中の1年生たち