【いつ】8月17日
【どこで】芳賀町生涯(はがまちしょうがい)学習センター祖母井(うばがい)分館(町民(ちょうみん)会館)
【だれが】同分館チャレンジクラブに参加(さんか)した芳賀(はが)東小の4、5年生5人
【学んだこと】同町役場での取材体験(しゅざいたいけん)、芳賀町未来(はがまちみらい)新聞作り
【講師(こうし)】宇都宮総局長(うつのみやそうきょくちょう) 岩村由紀乃(いわむらゆきの)
【ひとこと】5年 植木啓介(うえきけいすけ)君(11)「とても貴重(きちょう)な体験(たいけん)ができた。取材(しゅざい)は大変(たいへん)だったが、役場の方が丁寧(ていねい)に説明(せつめい)してくれて、新聞に載(の)せるいい情報(じょうほう)を聞くことができた。注目してほしい部分を色テープで目立たせるなど工夫(くふう)した。講座(こうざ)を受けて、今まで以上(いじょう)に新聞に興味(きょうみ)が湧(わ)いた」
 同分館社会教育指導員(しどういん) 石川真由美(いしかわまゆみ)さん「新聞は身近な存在(そんざい)だが、どう作られているか分からないので、プロに実戦(じっせん)形式で教えていただこうと企画(きかく)した。取材(しゅざい)の中で子どもたちは積極的(せっきょくてき)に質問(しつもん)しており、貴重(きちょう)な体験(たいけん)になったと思う」

 [写真説明]町役場で取材をして、芳賀町未来新聞作りに挑戦した児童たち