【いつ】6月14日
【どこで】小山第三小
【だれが】5年生46人
【学んだこと】記者の仕事、記事の書き方、読(よ)み比(くら)べなど
【講師(こうし)】社会部 山崎貴徳(やまざきたかのり)
【ひとこと】北村大斗(きたむらだいと)君(11)「国語で新聞についての授業(じゅぎょう)があったけれど、新聞の詳(くわ)しいつくりなど、新しく知ったことがたくさんあった。記事を書くのは初(はじ)めてだったので、5W1Hをつなげてリードを書くのは難(むずか)しかった。新聞はあまり読まないが、これからは今日(きょう)の授業(じゅぎょう)を思い出して家でも読み、山崎(やまざき)記者の記事を探(さが)したいと思う」
 石渡一馬(いしわたりかずま)先生(32)「新聞を身近に感じてもらおうと受講(じゅこう)した。児童(じどう)たちはとても興味(きょうみ)を持って聞いていたようで、新聞社の工夫(くふう)や記者の苦労(くろう)を理解(りかい)できたのでは。記事の書き方は今後の作文指導(さくぶんしどう)にも生かせるので、自分自身も意識(いしき)したい。新聞塾(しんぶんじゅく)をきっかけに、新聞や世の中のニュースに興味(きょうみ)を持ってもらえれば」

 [写真説明]記者の仕事などを学んだ小山第三小の5年生たち