【いつ】5月22日
【どこで】大田原市ふれあいの丘(おか)
【だれが】同市親園(ちかその)中の1年生61人
【学んだこと】新聞のつくり、スクラップ作品作りなど
【講師(こうし)】教育文化事業部 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】永井駿斗(ながいはやと)君(12)「思ったよりも難(むずか)しかったが、記事選(えら)びは楽しくてとてもためになった。動物や植物が好(す)きなので、植物に関(かん)する記事を集めた。飾(かざ)り付(つ)けについて、いいアイデアも浮(う)かんでいる。これから毎日新聞を読んで記事をストックし、コンクールにも挑戦(ちょうせん)したい」
 時庭祐子(ときにわゆうこ)先生(27)「生徒(せいと)たちにとって、スクラップ作品作りは初(はじ)めての経験(けいけん)だったが、情報(じょうほう)を集めてまとめる能力(のうりょく)は、さまざまな場面で役に立つのではないか。みんな意欲的(いよくてき)に取り組んでいて良(よ)かった。記事の選(えら)び方(かた)に、それぞれの個性(こせい)が出ていたのも新しい発見だった」

 [写真説明]スクラップ作品作りに挑戦した親園中の1年生たち