■那珂川・馬頭東小

【いつ】9月13日

【どこで】那珂川町馬頭東(なかがわまちばとうひがし)小

【だれが】5、6年生25人

【学んだこと】新聞のつくり、記事(きじ)の書き方、取材(しゅざい)の仕方(しかた)など

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)

【ひとこと】6年照山海斗君(てるやまかいとくん)(12)「テレビで見たニュースを詳(くわ)しく知りたいときに新聞を読むようにしている。分かりやすい文章(ぶんしょう)を書くのに5W1Hが重要(じゅうよう)だということがよく分かった。インタビューの練習(れんしゅう)では、2回目の質問(しつもん)で工夫(くふう)したいい質問を考えることができた」

6年担任樋山貴洋(たんにんひやまたかひろ)先生(29)「みんな一生懸命(いっしょうけんめい)にメモを取(と)り、新聞についてしっかり学ぼうという意欲(いよく)が感(かん)じられたので良(よ)かった。割(わ)り付(つ)けでは価値判断(かちはんだん)して記事の大きさを変(か)えるということが印象(いんしょう)に残(のこ)った。読む人に伝(つた)わるような記事の書き方は、授業(じゅぎょう)だけでなくいろいろな場面(ばめん)で生かせる内容(ないよう)だった」

[写真説明]取材の仕方などを学んだ馬頭東小の5、6年生