■宇都宮・五代小3年

【いつ】6月23日

【どこで】宇都宮市五代(うつのみやしごだい)小

【だれが】3年生106人

【学んだこと】新聞ができるまで、記事(きじ)の書き方、インタビューの仕方(しかた)など

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)

【ひとこと】鈴木茉奈(すずきまな)さん(9)「新聞がどのように作られ、私(わたし)たちの家に届(とど)くのかが良(よ)く分かった。桃太郎(ももたろう)のお話を新聞記事にするのは少し難(むずか)しかったが、5W1Hを意識(いしき)して読む人に分かりやすい文章(ぶんしょう)が書けるようになりたい。インタビューの練習(れんしゅう)はとても楽しく、これからいろいろな人に話を聴(き)くためのいい勉強(べんきょう)になった」

渡辺三奈美(わたなべみなみ)先生「文章を書くことに苦手意識(にがていしき)を持(も)つ子どもが多いが、昔話(むかしばなし)などを題材(だいざい)に分かりやすく教えていただけたので、みんな興味(きょうみ)を持(も)ち、積極的(せっきょくてき)にワークに取(と)り組(く)んでいたようだ。学んだことを、今後の学習(がくしゅう)にどう生かすかを考えていきたい」

[写真説明]インタビューの仕方などを学んだ五代小の3年生たち