■壬生町稲葉小

【いつ】10月27日

【どこで】壬生町稲葉(みぶまちいなば)小

【だれが】5年生児童(じどう)と保護者(ほごしゃ)20組

【学んだこと】新聞のつくり、新聞スクラップ作品(さくひん)づくりなど

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)

【ひとこと】鈴木柚里奈(すずきゆりな)さん(11)「リオ五輪(ごりん)のレスリングの記事(きじ)をまとめたが、思ったよりたくさん記事があって選(えら)ぶのに苦労(くろう)した。タイトルを赤で縁取(ふちど)りしたり、飾(かざ)り付(つ)けを考えたりするのが楽しかった。次(つぎ)は大好(だいす)きな動物(どうぶつ)の記事を集(あつ)めてやってみたい」

同小PTA5年学年委員長(いいんちょう) 鯉沼暁美(こいぬまあけみ)さん(42)「記事の読み方などをしっかり学べて、新聞にこれまで以上(いじょう)に親しみが持(も)てたので良(よ)かった。同じ記事でも、親子で見方が違(ちが)うんだなということを感(かん)じながら作品を作れたのが楽しかった。子どもたちが活字に触(ふ)れる機会(きかい)が少ないので、スクラップを活用し読む力や考える力を伸(の)ばしたい」

[写真説明]新聞スクラップ作品づくりなどを行った、稲葉小児童と保護者