■県立聾学校中等部

【いつ】5月25日

【どこで】県立聾学校中等部(けんりつろうがっこうちゅうとうぶ)

【だれが】1~3年生19人

【学んだこと】記事(きじ)の書き方、見出しの付(つ)け方(かた)など

【講師(こうし)】デジタル編集部(へんしゅうぶ) 桐生典夫(きりゅうのりお)

【ひとこと】1年 仲井真大君(なかいまひろくん)(13)「講師の方がクイズなどで楽しませてくれたので良(よ)かった。記事に見出しを付けるのは難(むずか)しかったが、頑張(がんば)って考えることができた。出前授業(じゅぎょう)を受(う)けて、これまで以上(いじょう)に新聞に興味(きょうみ)が持(も)てるようになった」

井上薫(いのうえかおり)先生「新聞がどのように作られているのかをしっかり勉強(べんきょう)することができた。今後、調(しら)べ学習(がくしゅう)の結果(けっか)をまとめるのにも大いに生かせると思う。楽しく分かりやすい説明(せつめい)をしていただいたので、生徒(せいと)たちは皆集中(みんなしゅうちゅう)して学ぶことができた」

[写真説明]見出しの付け方などを学んだ県立聾学校中等部の生徒