■那須烏山・烏山中

【いつ】1月21日

【どこで】那須烏山市烏山(なすからすやましからすやま)中

【だれが】1年生120人

【学んだこと】新聞のつくり、情報(じょうほう)の集め方、記事の書き方など

【講師(こうし)】教育支援部(しえんぶ) 小林達彦(こばやしたつひこ)

【ひとこと】安藤宗史(あんどうひろふみ)さん(13)「情報(じょうほう)を集めるときは視点(してん)を決めることが大切だと思った。5W1Hを初(はじ)めに書く記事の文章構成(こうせい)を学んだ。強調したいところを詳(くわ)しく書くことなども知ったので、国語の授業(じゅぎょう)などで活用してみたい」

1学年主任(しゅにん) 渡辺顕子(わたなべあきこ)先生「立場が変(か)わると、記事の内容(ないよう)も変(か)わることに生徒(せいと)たちは興味(きょうみ)を示(しめ)していた。新聞の学習を通して生徒(せいと)には、情報(じょうほう)を取捨選択(しゅしゃせんたく)できる判断力(はんだんりょく)をつけてほしい」

[写真説明]感想を書くため気になる記事を探す烏山中生徒